クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

クチコミ情報

矯正歯科で歯並びを治す

歯並びの矯正は、まだ歯の稼働域が広い子供時代に始めるのが良いとされています。
理想的な位置に歯を動かす際には、歯槽骨に大きな負荷を掛ける為、歯槽骨が再生しやすい子供時代に処置した方がダメージを避ける事が出来るからです。
また、成人の場合は、歯の周りの筋肉がしっかり付いている為に、歯を動かす際の痛みが強くなります。
一般的なワイヤーを使った矯正ですと、矯正歯科で医療を受けた直後は、痛みで食事を取るのも大変になります。
最近の矯正歯科は、審美歯科の看板を同時に掲げるところが目立って多くなりました。
今では歯槽骨が健康な状態で、いわゆる歯周病に侵されていなければ、中高年者でも歯並びの矯正をする事が可能です。

加齢で、歯並びが悪くなってくるのには、歯周病が関係しています。
CTを撮影すると、歯槽骨がやせて細くなっているのが判ります。ひどい状態ですと、歯槽骨そのものが画像として映らなくなります。
こうなってくると、歯がぐらぐらして動くのを自覚するようになるでしょう。
歯ぐきの状態が悪化すると、インプラントなどの医療行為を施すのも難しくなります。無理に歯を動かそうとして、歯が抜けてしまうと言うケースさえあります。
8020運動で、自分の歯をなるべく残そうと思う気持ちは大切ですが、自分の歯の状態を歯科医と相談し、咀嚼の為には入れ歯の検討も必要になるでしょう。